MY ASTROLOGICAL VIEW

私が占星学をFAS(the faculty of astrological studies)で学び始めた頃、
最初に思った占星学へのイメージは、ホロスコープはキャンバスのようなもの、ということ。
キャンバスに個人がそれぞれ絵を描く=自分らしい道を歩くこと。そんな印象を受けました。

でも、持っている絵の具の種類はみんな違います。
すばらしく色数が揃った絵の具セットもあれば、赤系の色ばかりだったり、 青系しかなかったり。
偏りもあれば、不足しているものもあります。
もしかしたら、筆がないかもしれません。

そこで、「海の絵を描きましょう」と言われたとき、
赤系の色しかない人は海を描くことはできないのでしょうか?
私はそう思いません。
赤系の絵の具を駆使して、クリエイティビティをフルに活かし、
すばらしい海の絵を描くことだってできると思います。
なぜなら、私たちは自分自身で自分の道を作っていくのだから。

可能性を見つける。星の神様たちがいろいろネゴシエーションしたり、自分もそれを感じて、あれこれ頑張って能力を磨く。
それを皆が感じ取り、自分のものにできるように。

この思いは、今でも変わることはない、私の占星学に対しての思いです。


When I started learning astrology at FAS(the faculty of astrological studies), I felt astrology was like a canvas.
Everyone walks on their own path of life as if they draw unique painting on it.

However, when looking at their colours, each of them have got different colours.
A great colour selection, just a red-ish colours, lack of colours, or too many similar colours… moreover, you do not have a brush although you have got fabulous colours.

They cannot draw the sea with their colours?
I don’t believe it.
They can draw the sea although they have just red colours or they don’t have a brush. Because everyone has got their unique creative talents.

For me, astrology is a tool to find your possibility.
In your horoscope, the gods and goddesses are discussing and negotiating how you can find your potential and create your future.
You will find your strength (and frailties to improve and accept yourself) with astrology in order to create your own path of life. Your life is your myth.

This is my belief for astrology.